カードローンの利用可能額と与信

与信というのは、銀行のカードローンなどでも使用されている経済の専門用語の一つです。それは信用を与えるということですが、要するに、「その人に対する信用の大きさに応じた金額のお金を貸します」という意味です。それゆえローン会社から大きく信用してもらえる人ほど、多額のお金を借りることが出来るというわけです。ですから、その際に自分に与えられる具体的な利用可能額のことを、与信枠とも呼ぶのです。
ところで全ての融資案件には、必ず審査があります。何しろ金融機関にとっては利潤追求こそは最重要ですので、お金を貸す以上はきちんと返してもらわなければならないのです。また、返してもらうにしても、約束の期日を守って利子も付けてもらう必要があります。それがお金を貸すことに対する絶対的な前提条件です。
ですから、たとえば「100万円貸して欲しい」という申請があったとしても、本当に信用できる人かどうかをチェックして、信用できる人だと認めた時にしか貸さないのです。また、審査の結果、半分しか信用できないような場合なら、50万円だけ貸しますし、10分の1程度しか信用できない人なら、10万円くらいしか貸さないのです。これが与信枠についての基本的な考え方です。
いずれにしても、カードローンで借りたお金は必ず返済しなければなりません。それはローン会社から考えれば、貸したお金は必ず返してもらわなければならないということです。ですから会社にとっては、与信というのは非常に重要なのです。