銀行カードローンの保証会社について

銀行カードローンでは大抵の場合保証会社の審査があります。
保証会社は担保や保証人が不要なかわりに、銀行へ保証をするもので万一返済が出来なくなったときには、代わりに返済をします。

 

代わりに支払うならそれで構わないと感じますが、返済が出来ないと信用情報機関に事故情報として記載されるのでその後申込みをするときに審査に落ちやすくなります。

 

どこの保証会社になっているかはそれぞれ異なっていて、代表的な株式会社にコンシューマーファイナンス会社などがあります。

 

審査する会社の基準も異なっていて、消費者金融系と信販系の審査だと一般的には消費者金融系の方が低いとされています。
審査が厳しいイメージがありますが、内容的には他の審査とそれほど差があるわけでもなく、重要なのは返済能力があるかになります。

 

他社での借入や収入の安定、過去に金融事故を起こしてないかなどを確認します。
ただ基準は、一般的な消費者金融系よりも銀行系の方が厳しいといわれています。

 

コンシューマーファイナンスはメガバンクのカードローンや大手消費者金融系のサービス元でもありますが、消費者金融系だとアルバイトやパートなどでも通る可能性は高いですが、銀行カードローンだと落ちることが多いようです。

 

同じでも貸付条件も同じになるわけでなく、金利などが低い設定になっていたりしていて、カードローンは必ずしも同じ条件にはなっていません。

 

また、同じ系列だとそこで金融事故を起こしていると、その情報が知られているため審査に通るのは厳しいです。